もっと身近に、旨味を楽しむ。
心休まる空間の中で、決して気取らず、ありのままの自分であれば、おのずと会話も弾んでくる。
家庭的な味を生かし、旬の素材と共に和食の持ち味以上のもの、和風創作料理が完成しました。

アクセス